UGGの季節がやってきた

UGGブーツが広まった歴史A

UGGブーツが広まった歴史A

では今回は1970年代のUGGブーツが広まっていった背景について、歴史を紐解いていこうと思います。

それはすぐにパースの流行から実行します。
また、UGGは規則的にブリズベーンから東海岸のシドニーへサーファーによって慣れているために来ます。
その中の何人かの人々は季節から雪で覆われた山の中でスキーをするのを楽しんでいましたが、UGGはそれらによって夏の海岸の熱い砂トップだけでなく極寒の雪で覆われた山へも運ばれるために来ました。

1978年になると、オーストラリアのサーファーであるブライアン・スミスの人は、初めてアメリカへUGGを運びました。
しかしながら、ニューヨークの評判は、オーストラリアに結局よくブーツを返しました。
さらには、サーファーがカリフォルニアにおいて似ていたブーツを着用している人に関しては、UGGの可能性を信じて、来年UGGオーストラリアを始めたようです。
また、UGGは努力の結果アメリカでさえ普及を徐々に示すために来ます。

1999年になると、デッカーズは、アメリカまたはヨーロッパで商標として「UGGオーストラリア」の名前を登録します。
しかしながら、「UGG」がもとは羊の皮ブーツ用の一般項であるので、その後にオーストラリアにある他のUGGメーカーおよび多くの訴訟が、それを生成されていったようです。

では、次の回では2000年代のUGGブーツが広まっていった背景を見ていこうと思います。